Home » 未分類 » 運動や食事による血圧管理

運動や食事による血圧管理

2d4536ccdb03a220ec8a1b7750bbd36b_l皆さん血圧と言う言葉を知っていますか。
血圧と言うのはそもそも血管の中を流れる血管壁に与える圧力のことです。
高血圧や低血圧と言う言葉もよく耳にします。
高血圧をしばらく放置していると動脈硬化になったりその他の疾病、脳血管疾患、腎臓病になるリスクが高くなってしまいます。
一般に高血圧とは最高血圧が140以上のことを言いますがドキドキしていたり運動後には一般の方でも一時的にそうなることがあります。
また高血圧の中には本態性高血圧と、二次性高血圧とがあります。
二次性高血圧は理由がはっきりしていますが本態性高血圧は理由がはっきりしていないので注意が必要です。
高血圧になってしまう原因として食塩のとりすぎや肥満、喫煙などによって起こります。
その為、日ごろから生活習慣が重要となってきます。
運動や食事による血圧管理としてまず重要なのが食塩の摂りすぎがよくありません。
また栄養のバランスをよくして3食きちんと食事をとることも大切です。
またアルコールなどは飲んでも構いませんが飲みすぎるとよくないので医師に相談して適量を飲むようにした方がいいです。
適度な運動をすることが予防にもつながりますので毎日しましょう。
また定期的な血圧管理もし、ストレスにも気を付けたほうがいいです。