Home » 未分類 » 血圧による脳の皮質下萎縮

血圧による脳の皮質下萎縮

af0150012968l血圧は、血管内の血液の有する圧力のことで、一般的には動脈の血圧のことを言い心臓の収縮期と拡張期の血圧、それぞれ収縮期血圧、拡張期血圧と呼ばれております。
体格が肥満の人は、痩せている人よりも高い傾向にあります。
喫煙をすると一時的に上昇し、アルコールの適度な摂取はわずかに低下させますが、過度に摂取すると上昇すると言われております。
健康診断などで血圧が高い場合は、薬を服用している方も多いと言われております。
低拡張期血圧による脳の皮質下萎縮の可能性があるのではないかと考えられており、動脈疾患を有する患者を対象にした前向きコホート研究で、ベースライン拡張期血圧DBPの低値が、脳の皮質下萎縮の大きな進行と関連していたという報告がなされたようです。
高い血圧が血管脳障害や脳萎縮、認知症などのようなリスクが高くなってしまうということは知られておりましたが、血圧が低い場合でも脳の細胞が減少するなど、脳が萎縮して小さくなってしまうというリスクを高めると言われているようです。
血圧を下げるということは、高血圧の方々にはよいですが、血圧が低い人のさらなる血圧の低下には注意が必要なのではないかと言われているようです。